歯科医師

nakamura03

私を支える医療への思い

ある一日のタイムスケジュール

8:45 朝礼
スタッフ全員でカンファレンスを行い、一日のスケジュールを確認する

院長含めスタッフ全員で院内の清掃
9:00 午前診療開始
この日は在宅診療はなく主に医院での診療にあたる。
五條歯科医院の患者様は0歳から102歳までと幅広い年齢にわたる。
13:00 午前診療終了~昼休み
時間制で2シフトの交代で昼休みだが全員での時間も設定している。
スタッフルームにて他スタッフと一緒に昼食&談笑でリラックス。
14:30 午後診療開始
午前と合わせて、形成、FOP、埋伏智歯抜歯、セレック、等の1日
平均20人ほどの患者様の診療にあたる。
五條歯科医院は自費診療の割合が約40%と高いのが特徴
他スタッフと同様に、残業にならないように時間内に残務をこなす。
終礼
18:15 診療終了
今日も患者様を丁寧に診療しました。

インタビュー

理想への模索

DSC_9969

以前勤務していたクリニックはビジネス街にあった事もあり、痛みがある時や困った時だけ来院する、転勤したり、一通り治療が終わったら終わり、といった患者様が多かったんです。このメンテナンスが定着しない状況は少回数・短期間治療というクリニックのスタンスで、患者様のニーズに合わせた結果なんです。

しかし、私には「あーまた悪くなっちゃうんだろうな」という釈然としない気持ちがあったんですね。本来の歯科治療とは、最初に全ての検査をした上で治療の優先順位を決定するべきだと私は思うんです。つまり、全人的な見地から歯科治療を行う、すなわち予防歯科が重要と感じていました。

予防歯科の重要性を認識していた私は、自分にフィットする歯科医院で働きたいと思っていたタイミングで五條歯科医院に出会ったのです。院長との面談の時に予防歯科医療への熱い思いを聞いて当院への転職を決めました。

現在、当院では患者様に対して全体的な検査の後に今後の治療について十分にお話をさせて頂いています。

日本ではまだまだ定着しているとは言えない予防歯科ですが、歯科医師として今後更に患者様に浸透できるようにしたいと思っています。

なぜ五條歯科医院に勤めたか

DSC_9813

2010年から勤務している五條歯科医院では幼児診療から高齢者への訪問診療も行っていて、予防も含めた『一生笑って喋って食べられる歯科医療』を目指しているのが共感できる部分でした。

当医院では患者様の過去の治療データが蓄積されているのでフィードバックする事が可能で、これは進行している現在の治療にも大変有効な手段だと思っています。

私から見た院長

DSC_0325

スタッフの話を嫌がらずに何でも聞いてくれるところは尊敬に値すると思います。「忙しいから後で」とはぐらかす事がないんです。

仕事に対する姿勢では、とにかく患者さんに関わりたいんだな、と感じています。

患者様の名前だけでなく、そのご家族のお名前までしっかり覚えているのを見ていると、患者様側にしても親しみやすいのではないかと思います。

人に対する細かなフォローは是非真似したいところですね。

信頼の証

DSC_0042

高額な医療機器であるセレックは、私がこの医院に入った一年後に院長が導入したものです。院長は導入に際して、機器の運用を私に託すプランが念頭にあったようで、専門性が出てくると自分の武器にもなります。

自分だけの担当として医院の一部を任せられると、五條歯科医院にとって自分がなくてはならない存在になっているのではないかと思うと誇らしいです。

セレックに関して、数値として自分の売上げは分かるようになっていたので、自分がどれほど出来るか、結果を出せた時には自信に繋がっています。

でも、前医院は規模が大きくて既に専門医の先生が数多くいらしゃったので、専門性の部分に関しては正直ノータッチでした。むしろ自分から専門医の先生に患者様を回していた状況だったんです。

治療という概念からいうと、セレックによって長持ちするものを入れることにより、歯を削ることも予防の一貫として捉えられるようになりました。

患者様にもメリットの多い、このシステムを導入している歯科医院はまだ少なく当院のセールスポイントの一つと言えると思います。

五條歯科医院の良さ

DSC_0246

まずスタッフの勉強会への支援に医院が積極的な事が挙げられます。

勉強会への参加費用を負担して頂いたり、参加している時間を出勤としてカウントしてくれたり、勉強してきたことを発表する機会を設けて下さっています。

院内のスタッフ全員に学んできたことを伝えることで、自分への復習にもなりますし、勉強会に参加していないスタッフとも同じ知識を共有できる事は大きなメリットと感じています。

最近では診療以外の部分で管理職としても勉強させて頂いています。

他には、スタッフ間の仲が良いところも当医院の良いところで、仕事外での付き合いもあり、よく遊び、仕事もしっかり行っていますね。

みんなオン―オフの切り替えはしっかりしていて、気づくと勤務3年目になっていました。

それと院長自身スタッフの意見によく耳を傾けて下さるので、やりやすい雰囲気だと思います。よくある医師とスタッフ間の垣根もないし(笑)」

年表

2000年 4月 奥羽大学歯学部入学
2006年 4月 在学中に歯科医師資格取得 同卒業
卒業と同時に鶴見大学で臨床研修医として勤務
6ヶ月間は大学で研修、もう6ヶ月間はクリニックで研修をしていた
2007年 4月 横浜市内のクリニックに歯科医師として3年間勤務する
歯科医療のあり方について考える
2010年 お友達のご主人の縁で五條歯科医院に入社
常勤医師として現在も勤務する