研修医

ookubo03

若き歯科医師の目標

ある一日のタイムスケジュール

8:45 朝礼
スタッフ全員でカンファレンスを行い、一日のスケジュールを確認する

院長含めスタッフ全員で院内の清掃
9:00 午前診療開始
訪問診療予定の患者様(3名)のカルテと治療器材を用意して歯科衛生士と共に各家庭を訪問して診療
義歯・入れ歯の調整や設計、患部の治療を行う
13:00 医院に戻り昼食~昼休み
同僚スタッフと一緒に楽しく食事をする ♪
14:30 再び午後の訪問診療へ
訪問診療は医院から半径16キロ圏内の患者様が対象で1人暮らしの場合は訪問介護士や介護ヘルパーの方と連携をとって対応する訪問診療の患者様は高齢で全身疾患の方が多いのが特徴
夕方 帰社
訪問した患者様のカルテの書込み等の雑務 医院内の一般の患者様を時間が許す限り診療
終礼
18:15 今日も無事に診療終了!d(-_^)good!!

インタビュー

歯科医師への道

DSC_9824

私が歯科医師を目指した動機は、やはり実家の父が徳島で歯科医院をやっている事でしょうか。現在は五條歯科医院で色々と勉強をしながら勤務をしていますが、将来的には実家の医院を継ぐ予定でいます。

職場としては明るく楽しい雰囲気の医院がいいと思いますが、歯科医師ですから仕事には責任もありますし診療には当然真剣に取り組んでいます。

なぜ五條歯科医院に勤めたか

DSC_9860

就職先を選ぶ際に、自分の進みたい進路と五條歯科医院の診療科目がフィットしていたのがこの医院を選んだ理由です。私は将来、一般診療の他に訪問歯科へ進む事も視野に入れており、五條歯科医院でも同様の科目に注力している点が勤務医院考慮のポイントとなりました。

もし研修医として勤務するとしても、歯科の技術だけでなく、将来自分の医院を持ちたい人や、自分の医院を売りだすために積極的に動こうとしている人には学べる部分が多く是非お勧めの医院だといえますね。

私達スタッフの講習会やセミナーへの参加に対する医院側からの積極的な支援や個々の成長に応じてのカリキュラムもあり、技術や内面の向上にもつながっていくと思います。キャリアアップを考えるなら好環境の職場といえるでしょう。院長は一言でいえば「細かいところに気を配ってくれる先生」だと思います。例えば、結果が良くなかったとしても「でもここはよかった」とその過程を褒めてくれる。できたところはきちんと評価してくれる先生なんです。

仕事上の難しい点

DSC_9841

仕事上では頑張れば医院の方からしっかりと評価を頂けますが、患者様の対応に時間が取られてカルテ等の雑務をこなす時間が作り難い点でしょうか。

学生時代、研修医時代には感じなかった事にこの時間作りの難しさがあります。

今思うと、学生時代は時間に余裕があり物事の優先順位をつける習慣がなかったように思います。研修医になってからも、診療時間が長目に確保されていたので切迫した状況にはならなかったんです。実際に歯科医師になって現場の仕事から学んだことは、仕事をこなすにあたっての優先順位の重要性ですね。

もし今、学生や研修医に戻れたなら、様々な事に興味を持って無茶をしておけばよかったと思っています。歯科のことだけではなく、限られた一日の中で物事をどう処理すれば達成できるか、スケジュール管理の訓練を日頃からしておけば今に生かせたような気がします。

五條歯科医院の良さ

DSC_9822

この医院で勤務するようになって、物事の理由づけをちゃんと言う事を学びました。歯科に限りませんが、全てにおいて説明がとても大事だと思うようになったんです。

私の知り合いが通勤していた歯科医院の話を聞くと、ほぼ放置の状態が続き、あまり相手にされなかったという話を聞いたことがありますが、五條歯科医院では歯科技術だけでなく人物の内面向上にも力を入れています。

後はスタッフ同志の仲が良い点が挙げられますね。

僕も貴重な戦力になれるよう日々努力しています!

年表

2003年 4月 歯科医師を目指し鶴見大学歯学部に入学
大学では軽音楽部に所属、ボーカルとギターを担当 ♪
2011年 3月 歯科医師資格取得
早く現場に出たい思いが叶い研修医として診療にあたる
2012年 4月 五條歯科医院に正式に歯科医師として入社
現在も大学院に在学中で勤務しながら勉学に励む